yuko-sound.com

今井 優子 profile

18歳の時、作曲家・平尾昌晃氏に見出されて、ヴォーカリストの道を歩み始める。

1987年夏、1stシングル「哀しみのペイヴメント」&アルバム『DA DA DA DANCE WITH ME』の同時リリースでキングレコードからデビュー。 都会の恋愛模様を中心に、ややハスキーな歌声にのせて、ライトに綴る世界が話題を呼ぶ。

翌年、TBS系ドラマ『ママの色鉛筆』(主演:石野眞子)のテーマ曲に使われた「虹色のオーラ」をリリース。

1990年、ミニ・リパートンの傑作を斬新な日本語詞でカヴァーした「LOVIN’YOU」がヒット! 同曲がTBS系連続ドラマ『次男次女ひとりっ子物語』主題歌に採用され、歌手・今井優子の確かな歌唱力/表現力が幅広いファン層をつかむ。 この時期、角松敏生プロデュースの渾身アルバム『DO AWAY』のアルバム制作に入り、その過程で自作(作詞・作曲・歌唱)の魅力にめざめる。

以後、シンガーソングライターとしてのトレーニングを積み、のちに "YUKO-SOUND" と呼ばれる独自の世界を確立。初の全編セルフプロデュースによるアルバム『DISCLOSE』(1994年3月発表)以降、マイペースながら『Living Color』『I WISH…』と、力作を送り出している。
動物愛護活動に熱心な一面も持ち、自らの愛猫の死をきっかけに "ペットロス" の哀しみに寄りそうシングル作「僕が傍にいるから…」(2012年)をリリース。YouTubeを中心に静かな共感を集めている。

2016年には初の自選BESTアルバム『SWEETEST VOICE』を発売。
ライヴでの好評曲にしてカラオケの十八番である「真夜中のドア ~Stay with me~」(松原みきのカバー)が巻頭を飾る14曲入りの同作は、今井優子の "これまでと現在" を知るには格好の一枚。

2018年、デビュー30周年を迎え、30周年記念アニヴァーサリー・アルバム「It's My Time To Shine」を発売。

2019年、角松敏生プロデュース5thアルバム「DO AWAY」がリマスタリング及びボーナストラックを追加しタワーレコードより[DO AWAY+4]として復刻再発売!

2020.8.8「CITY POP on VINYL 2020」にエントリー
初のアナログ盤Remix「yuko I meets T-Groove and Yuma Hara Remix / It’s My Time To Shine(Dance Mix)」を発売!

2020.11.3「Record Store Day」にエントリー
「真夜中のドア〜Stay With Me〜」の7inch EP発売!

2021.7.17 Record Store Day 2021/RSDにエントリー
今井優子/YUKO IMAI
7inchシングル盤
Side A 愛は彼方
Side B さよならを言わせて~Let me say good-bye~

2021.8.28 「CITY POP on VINYL 2021」にエントリー
今井優子/DO AWAY(2枚組LP)発売!

現在、新譜リリースに向けて制作中!
http://yuko-sound.com/profile.html